adhd.gif>>アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル<<

アスペルガー症候群の著名人

今では、ADHDやLD、アスペルガー症候群を含む発達障害者は、17人に1人いるといわれています。

周りの基準から見れば、「困った子」といわれてしまうのが実状です。
しかし、発達障害のある彼らは、困った子、ではなく、「困っている子」なのだと見ることができます。

例えば、授業中、何の前触れもなく教室を抜け出す子。
こんな子を見たら、誰もが「わがままな子」だとしかとらないでしょう。
しかし、彼にとって、先生の立て板に水のごとく話す言葉は、「スペイン語」や「ポルトガル語」のように理解不能の言語なのかもしれません。

「普通」とはちがう、いつもの授業についていけない。
この子は、いつもの生活リズムと違う流れを、大変不安に思っているかもしれません。
けれど、そういう子も、絵に描いて説明してやったり、今日やることの順序や予定を前もって教えたり工夫してやれば、見事に才能を開花かせることができるのです。

アスペルガー症候群だったとされる著名人は多いです。
アスペルガー症候群は自閉症と同じく、非常に秀でた能力を持つ事も多いのです。

有名人では、織田信長、ビル・ゲイツ、アインシュタイン、ゴッホなども、アスペルガー症候群と言われています。
こんな人多い・・・と思われるかも知れないですね。
公務員、教師、医師、科学者・・・、そういう職業には、特に「境界の人」はかなり多いといわれています。

この他には、アイザック・ニュートン、トーマス・ジェファーソン、グレン・グールド、ジェレミ・ベンサム、ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン、バーノン・スミスなども、アスペルガー症候群だといわれています。

こちらで、医学では治らないとされている
アスペルガーADHD発達障害を改善する方法を公開しています。

アスペルガーADHD発達障害を改善する

周りからの温かい理解と支援が必要

自閉症圏の障害(広汎性発達障害)のひとつ、アスペルガー症候群のような症状は器質的なものですので、親の育て方のせいでなるとか、何か精神的なショックでそうなるとかなどということは決してありません。それから生まれてから幼い間は普通の子だったのに、成長してからなるということもありません。

ですから、大人の人の場合でも、アスペルガー症候群かどうかは、自分の子どものときどうだったかということで判断することができます。

1.アスペルガー症候群や高機能自閉症など、知的には正常な能力をもっている。
2.他人との相互関係をもったり、世間において社会的関係をもつことが難しいことがある。
3.こだわりが強く、ごく限られた狭い範囲で興味や関心・活動をもち続けている。

この3つの観点から特徴づけられる人たちが、アスペルガー症候群です。

アスペルガー症候群は、映画「レイン・マン」や本「自閉症だった私」(ドナ・ウィリアムズ著、新潮社)などを通して、社会的な関心を受けていますので、見た人は分かると思います。

アスペルガー症候群の人の特徴をよく理解した上で、個々に対するきめ細かいサポート・支援が必要です。

・幼児期には言葉のでるのが少し遅かったり、語彙が少ない場合が多い。
・話しかけてもオウム返しだったり、独り言だったりすることが多い。
・自分ひとりの世界で遊ぶことが多く、ごっこ遊びなどで他人と関わることは苦手なケースが多い。
・こだわりが強く、いつもの環境や状況が変わってしまうことで迷ってしまい、パニックに陥ってしまったりする。
・他人とのコミュミケーショがのうまくいかないために、保育園・幼稚園において、集団活動で皆とずれてしまうことが多いため、自分勝手に落ちつきなく動きまわることが目立つ。
・絵を描いたり、工作をすることや、ボール遊びなどは不器用なため、同年令の子どもに比べて苦手とすることが多い。

・小学校教育では仲間との関係をうまく作り出せないために、クラスや同年代の仲間から浮き上がるために、「いじめ」の対象となりやすい。
・現状では、学校の先生方からの理解が不十分で、幼児期以来のこだわりや、変化への困惑(パニック)や協調性のなさなどは「わがまま」という風に誤解されたりするなど、ひどい叱りを受けることも少なくない。
・授業中に独り言を言ったり、他者と関わりたいが奇妙な仕方で関わるため、周囲からもどこか違うという感じを抱かれやすいので、自分だけの世界に浸ってしまいがちである。
・急速に落ち着きを示すのは、おおむね10才を過ぎて高学年になるときが多い。

・素直なよい子として生活を送るためにも、周囲から「個性」として関わりのうまくいかない部分やこだわり等を理解されることが大切。
・特に言葉の発達に多少の遅れがあった場合は、国語などの文章を理解したりする課題が苦手なので、学習障害様の読みの障害や不器用さも相まって、漢字などを書くことなど、書きの障害を示す子どもも少なくない。
・その反面、計算や九九などの機械的暗記能力はむしろ優れていることが多い。

・思春期以降はかなり落ち着いて成長していくが、やはり他者とのずれは大きくなり、本人自身が他者と何か「違う」感じになることに気づくために、自分自身の問題や困難をめぐる混乱を引き起こしやすく、周りからの温かい理解と支援が必要とされる。

こちらで、医学では治らないとされている
アスペルガーADHD発達障害を改善する方法を公開しています。

アスペルガーADHD発達障害を改善する

自閉症スペクトラム指数自己診断

アスペルガー症候群に関しては、ここ数年テレビなどのマスコミにも多く取り上げられるようになってきました。

ですが、アスペルガー症候群に関する認知が進み理解が進む一方で、アスペルガー症候群に関対する誤解も生まれてきています。
アスペルガー症候群を正しく理解する手助けとなることを願って、アスペルガー症候群の診断について紹介します。

アスペルガー症候群は、「自閉症スペクトラム」の一種ですが、自閉度を測る指標の一つに「自閉症スペクトラム指数(AQ)」があります。
これは、正常知能の成人が自己回答方式で、自分の「自閉症傾向」を測ることのできるツールです。

中止して欲しいことは、自閉症スペクトラム指数が高いというだけで自閉症という判断は出来ないということです。
しかし、33点以上の場合、自閉症を疑ってみる価値があるとさています。

私も実際にやってみましたが、この質問に対して50問、5分程度で答えられました。

こちらで、医学では治らないとされている
アスペルガーADHD発達障害を改善する方法を公開しています。

アスペルガーADHD発達障害を改善する

アスペルガー症候群とは

アスペルガー症候群(あすぺるがーしょうこうぐん、Asperger syndrome: AS)は発達障害の一種であり、一般的には「知的障害がない自閉症」とされている。
精神医学において頻用されるアメリカ精神医学会の診断基準 (DSM-IV-TR) ではアスペルガー障害と呼ぶ。

対人関係の障害や、他者の気持ちの推測力、すなわち心の理論の障害が特徴とされる。

特定の分野への強いこだわりや、運動機能の軽度な障害も見られる。
しかし、カナータイプ(低機能)自閉症に見られるような言語障害、知的障害は比較的少ない。

アスペルガー症候群の定義や、アスペルガーと高機能自閉症は同じものかどうかについては諸説あるが、一般的には高機能自閉症(知的障害のない、あるいはほとんどない自閉症)と同じものとされる(アスペルガーは知的障害の有無を問わず、言語障害のない自閉症を指すという人もいる)。

一般的には自閉症の軽度例と考えられているが、自閉傾向が強い場合は社会生活での対人関係に大きな問題が起きるため、必ずしも知的障害がないから問題も軽度であるとは限らない。

ある研究者によると、むしろ知能が高い方が問題が起きやすいともいう。
日本では従来高機能自閉症への対応が進んでいなかったが、2005年4月1日施行の発達障害者支援法によりアスペルガーと高機能自閉症に対する行政の認知は高まった。
しかし、依然社会的認知は低く、カナータイプより対人関係での挫折などが生じやすい環境は変わっていない。

注意欠陥・多動性障害(AD/HD)や学習障害(LD)などを併発している場合もある。こういった合併障害があることと、「アスペルガー」や「自閉症」という言葉には偏見があることなどが理由で、まとめて「広汎性発達障害(PDD)」や「軽度発達障害」と呼ぶ医師も増えている。なお自閉症スペクトラムの考え方では、健常者とカナータイプ自閉症の中間的な存在とされる。

「アスペルガー症候群」(2007年6月26日 12:09 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』

アスペルガーADHD発達障害を改善する

一人一人の症状を個別に把握して対応していくことが大切

自閉症グループの一つにアスペルガー症候群が入っています。
自閉症と同じょような困難を持っていますが、アスペルガー症候群は言葉の遅れはありません
アスペルガー症候群とは100〜200人に一人ぐらいいると言われている、発達障害です。
アスペルガー症候群といっても、ごく普通に生活している人や社会に貢献して活躍している人もいるくらいで特に珍しい障害ではありません。

しかし、アスペルガー症候群の人は、広い範囲にわたって発達上の困難を抱えていることが多いため、特別な支援を必要としている人がたくさんます。
医療・教育・福祉といった関連する各分野での支援体制が十分に整っていないのは、アスペルガー症候群がつい最近になって知られるようになった障害だということも起因しています。

アスペルガー症候群が自閉症と共通して見られる特徴です。

アスペルガー症候群は、物事の一部分に注意が集中しやすいので、全体の状況をつかむことが難しいことあります。
アスペルガー症候群の人は、一度に一つのことしかできないことが、よくあります。

アスペルガー症候群の人は、最初に覚えたことを、なかなか変更できなくて、前もっての計画や準備が大切です。
なので、パターン化した行動を取ることが、よくあります。
周りの人から見ると、アスペルガー症候群の人は人とのかかわり方に、大きな特徴があり、独特な言葉遣いや、しゃべり方をしますし、できることとできないことの差が、激しいことがよくありますので、融通が利かないように、見えるかもしれません。

アスペルガー症候群の人は、その場に全く関係のないことを言い出したりすることがあります。
それは、過去の出来事を突然思い出して(フラッシュバック)いることが背景にあります。

他人の表情やしぐさから感情を読み取ることが苦手なので、アスペルガー症候群の人は、アスペルガー症候群の人は、他人が何をしようとしているのかわからないという困難を持っています。
また、自分の感情を顔の表情やしぐさで表すことが苦手なので、他人の気持ちにうまくこたえられないことがあります。

一見、アスペルガー症候群の人は、全く普通に見えますが、こような特別な支援を必要としています。
アスペルガー症候群の人に特に、早急な支援と理解が必要なのは、就学・就労につまずいているケースが多くなっているためです。

このようなことは、比較的よくあることとその対処法です。
実際には、アスペルガー症候群の人たちは、個人差が非常に大きいこので、一人一人の症状を個別に把握して対応していくことが大切です。


こちらで、医学では治らないとされている
アスペルガーADHD発達障害を改善する方法を公開しています。

アスペルガーADHD発達障害を改善する