adhd.gif>>アスペルガーADHD発達障害改善マニュアル<<

一人一人の症状を個別に把握して対応していくことが大切

自閉症グループの一つにアスペルガー症候群が入っています。
自閉症と同じょような困難を持っていますが、アスペルガー症候群は言葉の遅れはありません
アスペルガー症候群とは100〜200人に一人ぐらいいると言われている、発達障害です。
アスペルガー症候群といっても、ごく普通に生活している人や社会に貢献して活躍している人もいるくらいで特に珍しい障害ではありません。

しかし、アスペルガー症候群の人は、広い範囲にわたって発達上の困難を抱えていることが多いため、特別な支援を必要としている人がたくさんます。
医療・教育・福祉といった関連する各分野での支援体制が十分に整っていないのは、アスペルガー症候群がつい最近になって知られるようになった障害だということも起因しています。

アスペルガー症候群が自閉症と共通して見られる特徴です。

アスペルガー症候群は、物事の一部分に注意が集中しやすいので、全体の状況をつかむことが難しいことあります。
アスペルガー症候群の人は、一度に一つのことしかできないことが、よくあります。

アスペルガー症候群の人は、最初に覚えたことを、なかなか変更できなくて、前もっての計画や準備が大切です。
なので、パターン化した行動を取ることが、よくあります。
周りの人から見ると、アスペルガー症候群の人は人とのかかわり方に、大きな特徴があり、独特な言葉遣いや、しゃべり方をしますし、できることとできないことの差が、激しいことがよくありますので、融通が利かないように、見えるかもしれません。

アスペルガー症候群の人は、その場に全く関係のないことを言い出したりすることがあります。
それは、過去の出来事を突然思い出して(フラッシュバック)いることが背景にあります。

他人の表情やしぐさから感情を読み取ることが苦手なので、アスペルガー症候群の人は、アスペルガー症候群の人は、他人が何をしようとしているのかわからないという困難を持っています。
また、自分の感情を顔の表情やしぐさで表すことが苦手なので、他人の気持ちにうまくこたえられないことがあります。

一見、アスペルガー症候群の人は、全く普通に見えますが、こような特別な支援を必要としています。
アスペルガー症候群の人に特に、早急な支援と理解が必要なのは、就学・就労につまずいているケースが多くなっているためです。

このようなことは、比較的よくあることとその対処法です。
実際には、アスペルガー症候群の人たちは、個人差が非常に大きいこので、一人一人の症状を個別に把握して対応していくことが大切です。


こちらで、医学では治らないとされている
アスペルガーADHD発達障害を改善する方法を公開しています。

アスペルガーADHD発達障害を改善する